プリンター

便利なアイテム

プリンター

プリンターを使い慣れている方であれば、印刷結果に不調が見受けられた場合プリンターの電源を入れ直した後に、速やかにヘッドクリーニングを行ないます。まず電源を入れ直しは必須であり、もしかするちゃんとプリンターが動いていないから印刷に不調が生じていると考えられるからです。現に電気系統の不具合によって、印刷がしっかりと出来なかったというパターンは非常に多いです。しかしそれでも治らない場合はさっそくヘッドクリーニングを行なう事になります。目詰まりが発生してしまうメカニズムは、噴出ノズルにインクが蓄積して詰まるという形であります。しかしこのヘッドクリーニングという作業は、原因となるインクを利用して行なうクリーニングです。大量のインクを勢い良く噴出する事によって、詰まっているインクをインクで流すのです。これによって大体のプリンター目詰まり問題は終結して、また普段通りにプリンターを活用出来るのですヘッドクリーニングは本体操作から、またはパソコンからの操作によって行えます。一度だけではなく最低でも二度や三度行なう様に、あらゆるプリンターメーカーは推奨しています。便利なヘッドクリーニングですが、当然ながら問題が発生します。それは大量のインクを前職消耗してしまう事です。プリンターの型番にもよりますが、インクカートリッジはブラックとカラーの二つ、もしくはCMYKの四色カートリッジを使用します。ヘッドクリーニングの場合は全てのインクを同時に使いますので、当然ながら一個の単価がどうしても高いカードリッジを酷使しなければなりません。これもよくある事のひとつになりますが、ヘッドクリーニングにて全てのインクを使いきってしまい、プリンターの調子は良くなったのかあるいは目詰まりが解消されたのかを確認する事も出来ず、新品のインクカードリッジを全色購入する羽目になる方もいます。目詰まり解消の為に行っている事が、コストという形で倍の手間が発生してしまうのです。

プリンター目詰まり解消の為に活用するべきアイテムは、ヘッドクリーニング専用の洗浄液です。ヘッドクリーニングの際にインクではなく、洗浄液を装填してクリーニングを行えばインクを減らしてしまい切らす事もありません。インクではなくい洗浄液という点も非常にメリットであり、洗浄液だからこそ可能となる的確なヘッドクリーニングが実現します。インクジェットのインクには染料と顔料の双方があります。基本的にブラックが顔料であり、あとのカラーインクが染料である場合が多いので、洗浄液を用いるのであれば染料と顔料の双方に対応している製品を活用する様にしましょう。